野菜たっぷり。体ぽかぽか。この季節”お鍋”が魅力的!

2017年10月11日 11:50
 



冬の季節におすすめのメニューとして、鍋があげられます。鍋は、バランスよく野菜もたっぷり食べられる健康的なメニューです。「食べるのを我慢するのは無理!」という方でも、継続的に続けられますよ。鍋の食べ方、おすすめの材料についてご紹介します。

鍋がおすすめの理由

野菜をたっぷりと摂取できる

Asian Food


鍋では、白菜や春菊、水菜やきのこなど、いろいろな種類の野菜を食べることができます。

だし汁を吸った野菜はしんなりするため、一度に大量の野菜を摂取できるのも魅力的です。
食物繊維やビタミンなどの栄養を効率良く補うことができ、健康的に減量を図れます。

 

カロリーが低い

Restaurant menu in sukiyaki pot. Shabu.


締めにうどんや雑炊を行わなければ、鍋は非常にヘルシーです。

だし汁を吸った野菜はお腹に溜まりやすい上に消化にも良いので「胃腸ケア」としてもおすすめ。
肉や魚の脂質もだし汁に溶けるため、焼いて食べるよりもカロリーが低くなります。

肉や魚の代わりに豆腐を代用すれば、より効果的にカロリーを低減させることができます。

 

飽きない

Taiwan style Hot Pot and Buffet, Fufu shabu and buffet, ThailandHot pot refers to several East Asian varieties of stew, consisting of a simmering metal pot of stock at the center of the dining table.


鍋ダイエットでは、毎日鍋の材料や味付けを変えることができます。

そのため、一般的な置き換えダイエットのように飽きることがなく、日々食事を楽しむことができます。
カロリーを調整しながら、もつ鍋やトマト鍋、豆乳鍋など、いろいろな種類の鍋に挑戦してみましょう。

 

料理が苦手でも大丈夫

鍋ダイエットは、料理が苦手な方にもおすすめです。

なぜなら、鍋の作り方はとってもシンプル。
鍋にだし汁やお湯、スープを沸かし、あとは好きな具材を入れればOKなんです。
これなら、料理下手な方でも簡単に作ることができますよね。

手軽な鍋用のスープもあるので時短料理でもあるんですよ♪

 

鍋ダイエットも可能?!

Japanese pot
鍋をダイエット食として食べるなら、昼食と夕食を鍋に置き換えるだけでOKです。

米や麺などの炭水化物を避ければ、あとは何を入れても問題ありません。
野菜やたんぱく質を中心とした材料にすれば、効果が出やすくなります。

1週間ほど続けたら、体重計に乗って、体重の変化を見てみましょう。
痩せていた場合には、夕食だけを鍋に置き換えればOK
痩せていなかった場合には、昼食と夕食の2食を鍋に置き換える生活をもう1週間続けてみてください。

たっぷりと野菜を摂取できて、お肉も油が落ちるのでバランスの良い食事がとれるのでおすすめです。
鶏肉を使った肉団子や豚肉を使うとほどよくお肉も食べることができ、満足感もあります!

おすすめの鍋メニュー

kimchi stew, kimchi chigae, korean cuisine


効果的に脂肪燃焼をしたい方には、キムチ鍋と生姜鍋がおすすめです。

キムチと生姜には、身体を温める効果があります。
身体が温まれば、血行が促進されて、基礎代謝が向上します。
消費カロリー量が増えるため、より効果的に減量を図ることができますよ。
この季節お鍋なら、おいしく健康に食べることができます。
おなかいっぱいカラダもぽかぽかできるので一石二鳥ですよね♪

冬の季節にぴったりなので、是非試してみてくださいね。

 

関連記事

スーパーフード入り鍋が食べたい!栄養満点レシピご紹介

2017年トレンド鍋たっぷり野菜の「カラフルビューティー鍋」の中身をチェック!

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.