ビューティ情報『えごま油がダイエット“最強油”だって本当?』

2015年5月24日 22:00

えごま油がダイエット“最強油”だって本当?

えごま油は加熱に弱いので、炒め物や揚げ物などに使うのはNG。1日スプーン1杯分(4g)をそのまま摂るか、ドレッシングやスムージーに入れて。開封後は冷蔵庫へ。

えごま油は加熱に弱いので、炒め物や揚げ物などに使うのはNG。1日スプーン1杯分(4g)をそのまま摂るか、ドレッシングやスムージーに入れて。開封後は冷蔵庫へ。

ダイエット中の油は、抜くものから摂るべきものへ。

“痩せる油”として大ヒットしたココナッツオイルとともに注目を浴びているのが、えごま油です。浅草橋にある老舗油専門店、金田油店店長、“植物油のコンシェルジュ”として油の多彩さや使い方を伝える青木絵麻さんにえごま油について話を聞きました。

「他の脂肪酸より体脂肪になりにくく、優先的にエネルギーとして使われるαリノレン酸を約60%も含んでいて、ダイエット向き。この数値は、植物油の中でも突出しています。αリノレン酸を主成分とする油は“オメガ3”と呼ばれ、ホルモンを整えるので、髪や肌のコンディションもキープできます」(青木さん)

オイルの特性を決めるのは、脂肪酸の種類。脂肪酸には、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の2つがあり、前者はさらにオメガ3、6、9に分類され、脂肪燃焼を助けるαリノレン酸は、えごま油に多く入っているオメガ3のこと。体内で作れないため、不足している人が少なくないので、油を上手に活用したい。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.