ビューティ情報『【寝苦しい熱帯夜】エアコンだけじゃない、まだある暑さ対策教えます!』

2017年7月31日 21:30

【寝苦しい熱帯夜】エアコンだけじゃない、まだある暑さ対策教えます!

夏真っ盛り。夜は暑くてなかなか眠れない…という方がチラホラいることでしょう。今回は、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、アツい夜を乗り切る対策をご紹介します。

文・小林麻利子

目次

・寝る前の体温の仕組み
・真夏でも手足が冷たければ眠りにくい
・深部体温の低下を妨げる3つ
・エアコンは絶対必須
・夜は湯舟に必ず浸かること
・吸湿性、通気性に良い寝具を使う
・後頭部を冷却シートで冷やす
・扇風機やサーキュレーター
・ペパーミントやレモングラスなどの精油スプレー
・夕方の運動も◎


【小林麻利子の美人の作り方】vol. 104

寝る前の体温の仕組み

【寝苦しい熱帯夜】エアコンだけじゃない、まだある暑さ対策教えます!


まずは、寝る前の体温の仕組みを知りましょう! 私たちは、寝る前に内臓などの深部体温が下がり、就寝後さらに体温が下がる仕組みが既に備わっています。それは、大学生でも高齢者でも同じ。例え睡眠の長さが違っても、睡眠前には深部体温が下がり、就寝後にもさらに深部体温が下がるのです。

また、深部体温が下がるにつれて、皮膚温度が高くなっています。これは、寝る前の赤ちゃんが良い例で、手足や体表面の血流がよくなり、血管が拡張することで、内側にある熱い血液が外側に放熱するからです。

真夏でも手足が冷たければ眠りにくい

真夏でも手足が冷たい女性がいますが、寝る前に手足が冷たければ、深部体温が下がりにくいので、良い眠りにはなりにくくなります。また、足裏が冷たければ、寝る前に副交感神経が優位になりにくいため、寝つきに課題を抱える可能性があります。

例えば、ツムラの2008年の冷え症の自覚のある25歳から39歳の女性6名を対象とした研究で、入浴なし、シャワー浴、浴用剤使用による浴槽浴、という3つの条件下で入眠促進効果や足裏の温度等を調査。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.