ビューティ情報『生理後に乳首が痛い…「病気のサイン」の場合も!』

2017年9月18日 20:00

生理後に乳首が痛い…「病気のサイン」の場合も!

人に言えない「胸の悩み相談室」。今回は「乳首」について専門家の先生に答えていただきました。

Q:生理の後、乳首がなんとなく痛い。数日すると収まるのですが…。

【一度、生理周期を確認して、症状を見極めて】

生理後に乳首が痛い…「病気のサイン」の場合も!


「女性ホルモンの影響もあり、生理前は胸が張ったり、触ると痛みを感じることも多いもの。ただし、それらの症状が生理後に現れるなら、少し注意が必要。痛みが生じるのは、ホルモンバランスの乱れや、乳腺炎、乳腺症などの病気の可能性もあります。また、妊娠初期であることも考えられます。どんな病気であっても、早期発見したほうが治る確率は高い。気になる痛みや症状がある場合は、一度、専門医で診てもらうことをおすすめします」(銀座みゆき通り美容外科・松田朋子先生)
Q:実は、胸の下に、小さな乳首らしきものを見つけてしまいました…!

【人間が進化した名残。放っておいても害はありません】

「本来のバスト位置ではないところにできた乳首や乳頭のことを“副乳”といいます。動物にはたくさんの乳房や乳首がありますが、人も哺乳類ゆえ、進化の名残として副乳が出ることがまれにあるのです。日本人では、10人に1人程度に現れるといわれます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.