ビューティ情報『幼いメイクはおしまい! 秋は“ピンクブラウン”で「甘め艶Eye」』

2017年9月21日 07:00

幼いメイクはおしまい! 秋は“ピンクブラウン”で「甘め艶Eye」

ニュアンス違いで変幻自在!泉里香が魅せるいまどきブラウンアイ。今回は、「甘め艶Eye」を作るコスメをご紹介します。美容のプロたちのコメントも参考にしてみて。

幼いメイクはおしまい! 秋は“ピンクブラウン”で「甘め艶Eye」


かわいいのに子供っぽくなく、誘惑的な眼差しに仕上がる「ピンクブラウン」は、まさに恋の媚薬カラー。愛しいカレとロマンティックな時間を過ごしたい人にぴったり。
幼いメイクはおしまい! 秋は“ピンクブラウン”で「甘め艶Eye」

クリームベース入りの機能派。

【インテグレートアクセントカラーアイズCC VI695】

右下のカラーで目尻よりちょっと長めにラインを引けば、魅惑のアーモンドアイに。「ピンク~バイオレット系の組み合わせが、かわいい!キラキラとした輝きも、好きな人と目が合う回数を増やしてくれそう」(日中美容研究家・濱田文恵さん)。「上段のベースカラーが、まぶたのくすみをオフ。疲れていてもデートに行けます」(美容エディター&ライター・石橋里奈さん)。9/21限定発売。¥980*編集部調べ(資生堂)
幼いメイクはおしまい! 秋は“ピンクブラウン”で「甘め艶Eye」

トレンド感も満載のカラバリ。

【ジルスチュアートリボンクチュール アイズ 19】

温もりのあるレッド&レンガブラウンのセット。赤みを帯びてうるんだようなラビットアイへ導く。「中央のボルドーを目尻に入れればオシャレに、瞳の下に塗るとうるんだ眼差しに」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.