ビューティ情報『SPFは低いほうがいい…!? 意外と知らない「日焼け対策のマメ知識」3つ|ちょこっと美容マメ知識 #27』

2018年6月13日 11:00

SPFは低いほうがいい…!? 意外と知らない「日焼け対策のマメ知識」3つ|ちょこっと美容マメ知識 #27

ぜひ、「目」を守るために、サングラスをしましょう!

Point☆ちょこっと美容マメ知識

眩しい!と感じる前に、「目」を守ろう。

ポイント3:サンケア指数を下げて、こまめに塗り直しが◎

SPFは低いほうがいい…!? 意外と知らない「日焼け対策のマメ知識」3つ|ちょこっと美容マメ知識 #27


最後は、王道の日焼け止め対策についてです。気温が高くなるにつれて、サンケア指数(SPF・PA)の高い日焼け止めを選びがちですが、サンケア指数が高いほど肌への負担は大きくなります。そこで、オススメな方法は、サンケア指数を下げて塗る回数を増やすこと。

サンケア指数とは、実は日焼けしない時間の目安なんですね。例えば、SPF1は約25分が一般的といわれていて、これは、赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでが、約25分という意味です。では、「SPF10」の日焼け止めならどうなるでしょう。「SPF10×25=250分」、つまり、約4時間少々は日焼けしないであろうということです。

この時期あたりから「SPF50」などの強い日焼け止めを見かけますが、上記のルールを当てはめると「SPF50×25=1250分(約20時間少々)」。20時間以上のサンケア指数が、はたして必要でしょうか……!? 睡眠時間は、4時間以下(笑)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.