ビューティ情報『花粉症も邪気も払う…? 希少果実「じゃばら」を使った開運入浴のススメ』

2018年1月31日 14:00

花粉症も邪気も払う…? 希少果実「じゃばら」を使った開運入浴のススメ

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第15回目は「じゃばら」の話。じゃばらとは、和歌山県・北山村で古くから “邪気を払う” 縁起物として栽培されている果実。実は、柑橘類のなかでも高い抗酸化作用を持つ成分が含まれているとわかり、化粧品にも使用され近年美容業界で大注目されています。生産地が限られているので、市場にはほとんど出回らない希少な果実。今回は、そんなじゃばらのバイタリティに迫ります!

邪気を払うから、じゃばら。

目次

・邪気を払うから、じゃばら。
・原産地・和歌山県に伝わる「じゃばら湯」
花粉症も邪気も払う…? 希少果実「じゃばら」を使った開運入浴のススメ


【tamae beauty】vol. 15

上記画像は、じゃばらの実物です。みどり色のこの果実は、食べると酸味のあとにほのかな苦みが残る独特の味と香りが人気で、生産地の和歌山県ではドリンクやジャムなどいろいろな加工品が販売されています。

味だけでなく成分も魅力的。花粉症やアトピーといったアレルギーに有効とされている成分「ナリルチン」が、いよかんやグレープフルーツなど他の柑橘類に比べると群を抜いて多く含まれていることもわかり、注目されています。

原産地・和歌山県に伝わる「じゃばら湯」

花粉症も邪気も払う…? 希少果実「じゃばら」を使った開運入浴のススメ


原産地の和歌山県では、節分になるとじゃばらをお風呂に入れて入浴する習慣があるのだとか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.