ビューティ情報『ダイエットにヒール靴は逆効果? 体幹リセットの基本ルール5』

ダイエットにヒール靴は逆効果? 体幹リセットの基本ルール5

2018年2月14日 07:00
 

体を引き締めたくて運動をしてるのに、なかなか痩せない。むしろ太ももが太くなってる気がする……。そんな悩みを抱える人は、体幹まわりに“使えていない筋肉”がある可能性大!?

体幹部分に刺激を与えて眠った筋肉を呼び起こす。
「年齢とともに筋力が下がり、さらに日常動作にクセがあると骨盤が傾き姿勢が崩れます。すると偏った筋肉だけが使われ、アンバランスな体型になる。また体幹周辺には全身の筋肉の約6割が集まっているので、“使えていない筋肉”があると代謝も下がります。つまり痩せにくい体になってしまうのです」

と、トレーナー・佐久間健一さん。たとえば骨盤が前傾すると、もも前の筋肉ばかりが使われ、もも裏の筋肉は使われなくなる。この状態で運動をすると、ももの前が張り出す原因に。そこで最初に体のクセを取ろうというのがこの“体幹リセット”。クセが取れれば筋肉が満遍なく使われ、何もしていないときでも消費する基礎代謝がアップ。まずは体幹リセットの基本ルールを3つご紹介。

【1】エクササイズは1日最大2セットまで。

ダイエットにヒール靴は逆効果? 体幹リセットの基本ルール5


“体幹リセット”の目的は、筋肉を増やすことではなく、筋肉の正しい使い方を身につけること。よって、やりすぎは厳禁。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.