ビューティ情報『イタくなりがちピンクメイク…実はアラサーに似合うって本当? #12』

2018年3月8日 17:30

イタくなりがちピンクメイク…実はアラサーに似合うって本当? #12

そのまま二重幅に混ぜたカラーをオン。ピンクがかったブラウンで、大人な楽しみ方をできますよ。

チークやリップにピンクを使いたいときは、ここに注意!

イタくなりがちピンクメイク…実はアラサーに似合うって本当? #12


頬や唇がポッとピンクに色づいていると、一気にかわいい印象になります。大人のピンクメイクでは、”1点盛り” を意識するようにしましょう。

アイシャドウ、チーク、リップの全てをピンクにすると「痛々しい」印象になりがち。どこかひとつのパーツのみにピンクを使うようにすると、甘くなりすぎない、大人のかわいさを演出できます。ピンクでまとめて春らしくキュートなメイクをしたい気持ちもわかりますが、どこかひとつのポイントに絞るようにしてみましょう。

メイク方法についてもいろいろと悩むことが多いアラサー世代。「若々しくいたいけど、痛いなんて思われたくない……」。キュートさ全開のメイクは卒業して、大人のかわいさを意識してみませんか? 今のあなただからこそ出せる魅力を楽しんでくださいね。

(C)Wand_Prapan/Gettyimages
(C)gertfrik/Gettyimages
(C)CoffeeAndMilk/Gettyimages

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.