ビューティ情報『メイクのノリも悪い~! 肌の“ゴワつき”はなぜ起きる?』

2018年5月14日 22:00

メイクのノリも悪い~! 肌の“ゴワつき”はなぜ起きる?

肌がくすんでゴワついてしまう…そんな肌の悩みを解決するためのヒントを伺ってきました。教えてくれたのは、銀座ケイスキンクリニック院長・慶田朋子さんとビューティサイエンティスト・岡部美代治さんです。
メイクのノリも悪い~! 肌の“ゴワつき”はなぜ起きる?

Q:くすむうえに、肌がゴワついてメイクのノリも悪い~(涙)。
→角質ケアでターンオーバーを助けよう。

「くすんでゴワつきのある肌は、ターンオーバーが滞って、不要な角質が肌表面に残ってしまっている可能性が。また、角質層に水分が不足している場合も、肌に透明感がなくなります」(慶田さん)

まず必要なのは角質ケア。今ならおすすめは、ふき取り美容液。コットンにつけてやさしくふき取ることで、角質層の水分を保持しながら、不要な角質をオフして肌のターンオーバーを促進することができる。

また、「くすみやゴワつきには丁寧なスキンケアが効く」、と言うのは岡部さん。

「化粧水や美容液をつけたら、上からやさしくハンドプレスを。これだけでも、浸透がグンとアップして透明感が出ます」
ケアのヒント:ハンドプレス
【肌の奥まで、美容成分を押し込むイメージで】
化粧水をつけた後、美容液をつけた後など、その都度手のひらでやさしく顔を包み込み、なじませることで、保湿や美白などコスメの効果がアップ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.