ビューティ情報『体幹が伸び~る! 肩こり首こりにイイ「骨ストレッチ」』

2018年6月5日 11:00

体幹が伸び~る! 肩こり首こりにイイ「骨ストレッチ」

上半身の動きの要、肩甲骨の動きを“骨ストレッチ”で滑らかにしよう!教えてくれたのは“骨ストレッチ”生みの親、「スポーツケア整体研究所」代表の松村卓さん。お手本は、認定指導員の尾形 蘭さんです。
骨盤が下半身の要であるように、肩甲骨は上半身の動きの要。肩甲骨と骨盤が連動すれば体幹がダイナミックに動き、末端にある手足にもパワーを伝えることができる。

「ただ、悪い姿勢や間違った動きをし続けることで、僧帽筋、三角筋、大胸筋など、たくさんの筋肉とつながった肩甲骨の動きが妨げられます。その結果、骨盤も自由に動けなくなり、代わりに2本の脚を使って体幹を動かさないといけなくなるんです」(松村さん)

肩甲骨一帯が滑らかに動くようになると、肩こりが改善されるのはもちろん、体の動きが見違えるように変わってくる。

「上半身の無駄な力みが取れることで、姿勢も改善されます。肩こり、首こりに悩んでいる人は特に念入りに行いましょう」
手首背伸び左右各7回
骨ストレッチ流の背伸びがこちら。手首を制御することで体幹を気持ちよく伸ばすことができる。
体幹が伸び~る! 肩こり首こりにイイ「骨ストレッチ」


足を肩幅に開いて立ち、骨ストレッチの基本の手(※)を作る。そのままゆっくりと腕を上げ、天を突くように背伸びする。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.