ビューティ情報『アノ缶詰がおすすめ! カルシウム不足の救世主とは?』

2018年6月2日 20:00

アノ缶詰がおすすめ! カルシウム不足の救世主とは?

丈夫な骨をキープするには、骨活は必須。「骨のためにできること」を楽しく、効率よく実践できる話題を徹底リサーチ。
骨の材料といえばカルシウムですが、日本人は昔からカルシウムが不足しがちなのだそう。

「和食は非常にヘルシーですが、カルシウムが少ないのが欠点。意識的にカルシウム含有率が高い食材を摂ること、さらにカルシウムの吸収率を上げるために必要な栄養素を、一緒にたくさん摂ることも大事。具体的にはビタミンDやK、イソフラボンなどです。下にあるまいたけや大豆もやし、レモンなどと一緒にカルシウムをたっぷり摂り、適度な運動をして骨に刺激を与えることで骨芽細胞が活性化されます。またビタミンDは肌を紫外線に当てることで生成されるので、太陽に当たることも大事」(女子栄養大学教授・上西一弘先生)
ビタミンDの含有率が高く油と一緒に食べるのが◎。
アノ缶詰がおすすめ! カルシウム不足の救世主とは?


カルシウムの吸収率を上げる手助けをしてくれるビタミンDをたくさん含むのがまいたけ。「ビタミンDは脂溶性のビタミンなので、天ぷらやアヒージョにして食べたり、カルシウム豊富な牛乳とシチューにしたり、チーズをのせて焼く、といった調理法もおすすめです。カルシウムと共に摂取することで、効率よく吸収できます」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.