ビューティ情報『いい食習慣で“美腸づくり” 変えるべき10ポイント』

2018年7月20日 22:00

いい食習慣で“美腸づくり” 変えるべき10ポイント

と関さん。「パンに含まれる食物繊維は少量。朝は、アーユルヴェーダでも排泄の時間といわれ、腸内環境を整えるのに最適な時間です。しっかりとご飯を食べることで、食物繊維が腸のぜん動運動を促し、便通をスムーズにします」(関さん)。朝、お通じがないという人は、まずはパン食をやめてご飯にしてみて。
炭水化物の種類と摂り方を変える
食物繊維の恩恵を受けるために工夫したいのが、炭水化物の摂り方。「ご飯を食べるなら、白米にもち麦や雑穀を混ぜるだけで食物繊維の量は10倍以上になります。さらに、含まれるミネラルが、デトックス効果を高め、便の排出を促進させるというメリットも。また、1日1食を、ご飯の代わりにビタミンなど多種の栄養素を含んだ、さつまいもやかぼちゃなどの炭水化物に置き換えるのもオススメです」(関さん)
いい食習慣で“美腸づくり” 変えるべき10ポイント


右から、もち麦と雑穀をまとめて摂れる。ふっくら香ばしいもち麦の入った雑穀ごはん 250g¥470(はくばくTEL:0120・089890)国内産の5種類の雑穀をブレンド。五種玄氣米 300g¥475(ベストアメニティTEL:0120・580・359)話題のスーパー大麦を手軽に摂れる。スーパーフード バーリーマックス180g¥1,000(はくばく)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.