ビューティ情報『発酵食品はこう食べる! 気を付けたい“5つのこと”』

2018年7月21日 22:00

発酵食品はこう食べる! 気を付けたい“5つのこと”

腸のバランスを整えてくれる代表選手が、発酵食品。日本人にとって食べ慣れている食材も多く、スーパーやコンビニで簡単に手に入りやすいのも魅力。上手に食生活に取り入れて、美腸を目指そう。
無理な食事法を行ったり、サプリメントを飲まなくても、食べるだけで腸を元気にしてくれるのが発酵食品の魅力だと、発酵料理家・真野遥さん。

「発酵食品は、腸にとっていいことずくめ。まず、含まれる乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。また、微生物や酵素の力で食材の栄養素が分解され、消化・吸収をサポート。その分、エネルギーが代謝に回るので、太りにくくなったり、美肌効果も。さらに、発酵で食材の旨み、甘味が引き出され、少量の味付けでも満足感が得られるので塩分や糖質を控えている人にもおすすめ。摂り始めて2~3日で効果を実感する人が多いのですが、さらに長く続けることで免疫力が上がり健康な体になります」
発酵食品の食べ方のポイント
発酵食品はこう食べる! 気を付けたい“5つのこと”


【一日の中で、いろいろな種類を食べる】
腸内細菌を効率よく増やすには、発酵食品の種類を組み合わせることがポイント。「例えば、水キムチに含まれる乳酸菌は、発酵あんこやもち麦甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維をエサにし、さらに腸内で繁殖。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.