ビューティ情報『発酵食品はこう食べる! 気を付けたい“5つのこと”』

2018年7月21日 22:00

発酵食品はこう食べる! 気を付けたい“5つのこと”

だから、数種を組み合わせて摂ると、より効果的。菌を摂取することとエサを与えることを同時に意識して」(真野さん)

【普段の調味料を発酵調味料に置き換える】
何から始めていいのか分からない、という人は、まず、発酵調味料を利用してみては。「しょうゆの代わりにしょうゆ麹、塩の代わりに塩麹を使えば、それだけで発酵の恵みを受けられるし、料理もグンとおいしくなります。また、味噌も万能で、野菜炒めやサラダのドレッシング、または洋風スープの味付けにも最適です」(真野さん)

【まずは2週間ほど食べ続けてみる】
発酵食品の効果を実感するには、続けることが第一。「早い人なら2~3日で便通が良くなるなどの変化がありますが、そこでやめてしまったらもったいない。まずは2週間ほど試して。腸内細菌のバランスがしっかり整ってきて、肌荒れが改善したり、疲れにくくなるなどを実感。さらに続けることで免疫力アップに」(真野さん)

【酵素を活かすために加熱しすぎない】
調理のコツは、熱を加えすぎないこと。「発酵食品に含まれる酵素は熱に弱く、60度以上で加熱するとほぼ失活。そこで、生で食べるか、加熱する場合は低温調理を。または、肉や魚を塩麹やしょうゆ麹に浸けてから焼くことで、素材を柔らかくしたり、旨みを引き出したり、栄養素の分解を促すなど酵素の作用が活かせます」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.