ビューティ情報『イライラの原因は腸内環境の乱れ!? 腸と脳の意外な関係…』

イライラの原因は腸内環境の乱れ!? 腸と脳の意外な関係…

2018年7月22日 22:00
 

ストレスや喜怒哀楽、好き嫌い…。脳が感じている刺激の発信源はどこなのか?どうやらそのルートの多くは、腸からであることが明らかになってきた。脳と腸が相互に関連し合って情報をやりとりしている“脳腸相関”の仕組みに迫ります。「脳→腸」だけでなく「腸→脳」、ふたつの臓器は情報交換している。
脳と腸はお互い関連し合って機能している。それが“脳腸相関”と呼ばれるシステム。

「脳腸相関が正常に成り立っていることで、我々は健康を保つことができます」

と言うのは、脳腸相関の専門家、東北大学教授の福土審先生。
イライラの原因は腸内環境の乱れ!? 腸と脳の意外な関係…


「腸は脳からの指令がなくても自分で機能する、自立性の高い臓器。心臓などもそうですが“自動能”を持っていて、勝手に動くことができる臓器の代表格です」

その理由は動物の進化のプロセスにある。というのも、多細胞動物の原型は腸。地球上に生まれた最初の多細胞動物は、口と腸だけしか持っていなかった。たとえばクラゲ、クラゲの仲間のヒドラ、イソギンチャクなど。

「ヒドラのような口と腸だけでできている動物を腔腸動物と呼びます。その腸には、網タイツのような神経のネットワークが張り巡らされているんです。腸はものが入ってくると、それを捉えて消化するために規則的な美しい動きをします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.