ビューティ情報『エアコンのつけ方間違ってない…? 暑くてもぐっすり!「寝る前の対策」5つ【前編】』

2018年8月13日 19:30

エアコンのつけ方間違ってない…? 暑くてもぐっすり!「寝る前の対策」5つ【前編】

熱帯夜が続きますが、みなさんよく眠れていますか?夏に入ってからしばらく経つので、工夫はされているとは思いますが、暑くて寝苦しくて寝不足状態が続いている方は少なくないのでは?
そこで今回は、睡眠や自律神経の改善指導を行う、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子が暑くて寝苦しい夜の対策をご紹介します。

文・小林麻利子

目次

・1.エアコンは一晩つけっぱなし
・2.温度計で26度をキープ
・3.湿度計で50%台をキープ
・4.湯船に浸かると熱がこもらない
・5.就寝1時間前にあがる


【小林麻利子の美人の作り方】vol. 135

1.エアコンは一晩つけっぱなし

エアコンのつけ方間違ってない…? 暑くてもぐっすり!「寝る前の対策」5つ【前編】


エアコンは一晩中つけっぱなしにしましょう、とさまざまなメディアで紹介されているので、常識になりつつあると思われますが、それでもエアコンのつけっぱなしは体がだるくなるから…と途中でオフタイマーセットをされている方もいらっしゃることでしょう。

まず体がだるくなるのは、以下の3つが原因であると考えられます。

その1. 風向きが自動モードなどになっており、気づかず直接風が当たっている
その2. 何度も起きたり寝たりを繰り返して眠りがそもそも浅い
その3. 適温になっていても湿度が高いせいで、よく眠れず睡眠中に覚醒が増えている

気づかないほどの気流でも、冷気であれば眠りは浅くなることがわかっていますし、体表面が冷やされば体の熱が外に逃げずに寝苦しく感じます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.