ビューティ情報『実は夏に気をつけるべき! 「冷え」を改善する“かかと上げ”』

2018年8月27日 16:00

実は夏に気をつけるべき! 「冷え」を改善する“かかと上げ”

暑い夏に、冷たい飲み物を飲んだり、キンキンに冷えた部屋に入ると、生き生きするもの。でも、ちょっと待って!その行動、「冷え」を誘発してしまうんです。“油断している夏こそ冷える”と心得て、体を温めることも意識しよう。
冷えの季節といえば冬を思い浮かべる人も多いと思うけど、本当に気をつけるべきは夏なのだそう。

「20代以下の人は、子どもの頃からエアコンが普及していた世代。年中、快適な温度の中で暮らしてきたので、本来、人間に備わる体温調節の機能が鍛えられていない。そのため冷房がきいた部屋に入ると一定の体温が維持できず、下がりすぎてしまう。しかも、薄着など夏は冷える原因が多いんです」(東洋医学研究所付属クリニック自然医療部門医師・川嶋朗先生)

体が冷えるだけでもツラいけど、さらに冷えによって、さまざまな不調が引き起こされるそう。

「冷えると血液循環が悪くなります。その影響で肩凝りや頭痛をはじめ、臓器の機能が低下して、月経不順などのトラブルになることも。また、夏の冷えは、外が暑いぶん自覚しづらいこともあり、悪化する懸念も」(女性ライフクリニック新宿院長・早田輝子先生)

甘くみてはいけない夏の冷え。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.