ビューティ情報『秋は肌環境が激変! 美容専門家3人が教える“脂”と“乾燥”の対処法』

2015年9月19日 22:00

秋は肌環境が激変! 美容専門家3人が教える“脂”と“乾燥”の対処法

(右)うかい・きょうこ美容ライター。頬とおでこはパリパリ、鼻だけテカるやっかいな混合肌。ヨコのしわはいいけれど、タテのしわはコワイ印象になるので阻止したい。(中央)さとう・やすみ皮膚科医。順天堂大学病院研修後、都内スキンケアクリニック院長を経て恵比寿やすみクリニック開院。顔だけでなく全身保湿を怠らない乾燥肌。(左)のぐち・ゆかメイクアップアーティスト。芸能界デビュー後、悩みのニキビ治療に100万円かけた経歴があるオイリー肌。アーティスト歴4年目にして数々の雑誌で大活躍。

(右)うかい・きょうこ美容ライター。頬とおでこはパリパリ、鼻だけテカるやっかいな混合肌。ヨコのしわはいいけれど、タテのしわはコワイ印象になるので阻止したい。(中央)さとう・やすみ皮膚科医。順天堂大学病院研修後、都内スキンケアクリニック院長を経て恵比寿やすみクリニック開院。顔だけでなく全身保湿を怠らない乾燥肌。(左)のぐち・ゆかメイクアップアーティスト。芸能界デビュー後、悩みのニキビ治療に100万円かけた経歴があるオイリー肌。アーティスト歴4年目にして数々の雑誌で大活躍。

美容のプロがオススメ!“本当に”崩れない裏ワザを、美容ライター・鵜飼香子さん(39歳)、皮膚科医、佐藤やすみさん(33歳)、メイクアップアーティスト、野口由佳さん(27歳)の3人にお聞きしました。酸いも甘いも知り尽くし、行き着いた先の逸品とテクをご覧あれ!

佐藤:9月の肌は、夏の疲れがどっと出ている状態です。紫外線や冷房や汗の影響で代謝サイクルが乱れて、肌にシミや色ムラが出たり、余分な角質がいすわってゴワついたり。

野口:肌表面がゴワつくと、まずメイクのりが悪くなるんですよね。そうすると崩れるのも早い。

佐藤:ひどいメイク崩れは夏のイメージが強いですが、秋のほうが結構重症かもしれませんね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.