ビューティ情報『2STEPで簡単…! もう寝不足にならない「夜中起きがち授乳ママの昼寝法」』

2018年9月26日 17:30

2STEPで簡単…! もう寝不足にならない「夜中起きがち授乳ママの昼寝法」

産後数か月、授乳のために赤ちゃんに起こされて、いつも寝不足状態のママは多いのではないでしょうか。産院でも「昼間、赤ちゃんが寝ている間にママも寝て!」とアドバイスされることが多く、当たり前に昼間寝ているママも多いと思いますが……実はそれが夜の眠りの質を低下している元凶!
そこで今回は、生後3か月の赤ちゃんがいる、睡眠や自律神経の改善指導を行っているナイトケアアドバイザーの小林麻利子が、日中の正しい昼寝の仕方をご紹介します。

文・小林麻利子

目次

・睡眠物質は砂時計のようにたまっていき、夜使われる
・ママの睡眠中、1度だけ授乳で起きる方の対策


小林麻利子の美人の作り方】vol. 139

睡眠物質は砂時計のようにたまっていき、夜使われる

2STEPで簡単…! もう寝不足にならない「夜中起きがち授乳ママの昼寝法」


私たちは、昼間に覚醒するほど、さまざまな睡眠物質が蓄積していき、それが夜の睡眠の際に使われ、深い眠りが得られるようにできています。しかし、昼間に赤ちゃんと長く寝てしまったらどうでしょう?

長い昼寝や頻回昼寝→睡眠物質が十分量たまらない→夜の眠りが浅くなる→さらに授乳のために夜間に睡眠が分断される→寝起きが悪すぎる→昼寝が長くなったり何度も昼間に寝てしまう。

このように悪循環となってしまいます。また、昼間に寝ることで寝不足状態が解消されればいいものの、体内時計によって本来は昼間は長く眠ることはできませんし、寝すぎると体がだるくなって、気力も低下してしまう可能性もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.