ビューティ情報『え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36』

2018年12月25日 17:30

え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36

美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第36回目は、化粧水のつけ方について。コスメコンシェルジュの視点から、間違った化粧水のつけ方と潤いを引き出すつけ方の違いについてです。

化粧水のつけ方で、スキンケアの質が変わる……?

目次

・化粧水のつけ方で、スキンケアの質が変わる……?
・注意1. 手のひらで強くパンパンする
・注意2. 化粧水の量をケチッて逆効果
・注意3. 時間を空けすぎで乾燥しちゃう
え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36


【ちょこっと美容マメ知識】vol. 36

クレンジングや洗顔でお肌の汚れを落とした後に、化粧水をつける女性も多いことでしょう。特に、寒い季節になれば「保湿が命!」といわれます。

しかし、化粧水は、ほとんど水溶性の成分(水)でできており、美白や保湿に働きかける訴求成分はとっても少量しか含まれていない商品が多いです。そのため、化粧水は保湿を期待するのではなく、上から重ねる乳液や美容液などがより浸透するように、肌を整える役割を担っていると考えたほうが良いでしょう。

そこで今回は、化粧水をつける時に間違えがちなことをご紹介します。

注意1. 手のひらで強くパンパンする

え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36


手のひらで化粧水をつける時に、「パッティングをしましょう」と言われることがあります。しかし、この美容用語が誤解されている場合があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.