ビューティ情報『え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36』

2018年12月25日 17:30

え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36

朝の洗顔後やお風呂上がりに乾燥からお肌を守るために、「パンパンパンッ!!」と手のひらに出した化粧水を強く叩きこむようなイメージでパッティングを捉えている方が多いのですが、実はパッティングは“叩きこむ”のではなく“包み込む”のが正解です。

お肌の表皮は0.2mmとラップのように薄いので、優しく丁寧に扱う必要があります。ハンドプレスとも言いますが、手の温もりで圧力をかけながらゆっくりゆっくり包み込んで化粧水をつけていくのがオススメです。

Point☆ちょこっと美容マメ知識

叩いても浸透率が上がるわけではない!

注意2. 化粧水の量をケチッて逆効果

え、シワ増えた…?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36


「スキンケアは、化粧水だけではなくて乳液や美容液も重ねるから…」と、化粧水の量をケチッてしまう癖はありませんか?

化粧水の値段は、高いものから安いものまでさまざまです。コストパフォーマンスを考えて、分量を減らしたいのもわかりますが、化粧水に含まれる訴求成分(美白や保湿など)は少ないため、たっぷり分量を使うことで力を発揮します。

特に、コットンで化粧水をつける場合は、コットン全体が湿っていないと毛羽立ちが激しくなりお肌に摩擦を与えてしまう可能性があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.