ビューティ情報『就寝前10分で変わる! “腸やせストレッチ”で冷え知らずに』

2019年2月4日 20:00

就寝前10分で変わる! “腸やせストレッチ”で冷え知らずに

就寝前の“腸やせストレッチ”でお腹まわりの血流をアップ。
冬の腸の不調の一番の原因は冷え。特に女性は筋肉量が少ないので冷えやすく、血流が滞ることで内臓機能が低下し、結果、脂肪もつきやすい。

「内臓の周りを覆い、血液を循環させる働きを補っているのも筋肉。お腹に温かい血液を送り込むには股関節まわりを動かしたり伸ばすなどのストレッチが有効。ただ、運動不足の人がいきなりストレッチをするとケガをする危険が」(整体師・田中千哉さん)

そこで、運動不足の人でもできる、就寝前の“腸やせストレッチ”を考案してもらった。準備運動から仕上げのマッサージまで約10分で終了。

「横隔膜の動きが腸を刺激してくれるので、ストレッチをしながらしっかり呼吸をすれば、痩せ効果も上がります」

ではさっそく“腸やせストレッチ”のやり方をご紹介!
四つん這いお尻くるくる(左右10周ずつ)
就寝前10分で変わる! “腸やせストレッチ”で冷え知らずに


四つん這いになる。膝を股関節の真下、両手首を肩の真下に置き、指は開く。腰が反らないよう頭頂から尾骨まで一直線。目線は斜め前。ゆっくりした呼吸に合わせ、尾骨を中心に円を描くようにお尻だけを回す。下になった時はお腹を引き込み、上になった時には腰を反りすぎない。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.