ビューティ情報『“デブフード”はNG! 管理栄養士おすすめ“ヘルスナ”って?』

2019年1月31日 19:00

“デブフード”はNG! 管理栄養士おすすめ“ヘルスナ”って?

カロリーと時間を管理するのがポイント!ドカ食いを防げて栄養素も摂れる、体にいいおやつ“ヘルシースナッキング”。
“デブフード”はNG! 管理栄養士おすすめ“ヘルスナ”って?

おやつで痩せる
長時間、食事の間隔が空きすぎると、ついつい甘いお菓子に手が伸びてしまう。そのわけは?

「食事の間隔が空きすぎた体は、エネルギーが枯渇した状態。なので、すぐエネルギーが補える“デブフード”を一気に爆食いしたくなります。それを避けるために、上手におやつを摂って食欲をコントロールする食習慣が、ヘルシースナッキング(ヘルスナ)です」と管理栄養士の安中千絵さん。

では、具体的にはどんなおやつをヘルスナで食べればいいのか?

「1回に食べる量は200kcalが目安。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを含む、栄養価が高い食品を選びましょう。食事で摂り損なっている栄養素を補えるのもヘルスナの特徴です。さらに、食欲を抑えたり、腹持ちがいいなど、目的に合わせて選ぶことで、ダイエットを強力サポート!とはいえ、長く続けるには、たまには甘いスイーツを食べても大丈夫。ストイックになりすぎず、楽しくおやつと付き合いながら、上手に体重をキープしましょう」
POINT1:スナッキングで、腹ペコを解消する。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.