ビューティ情報『“デブフード”はNG! 管理栄養士おすすめ“ヘルスナ”って?』

2019年1月31日 19:00

“デブフード”はNG! 管理栄養士おすすめ“ヘルスナ”って?

極度の腹ペコ状態は、危険信号。理性が保てず必要以上に食べすぎたり、普段なら選ばない、間違った食事を選択することも。

「ヘルスナの大きな目的は血糖値が下がりすぎた状態を作らないことと、足りない栄養素を補給することですが、満足感や癒し効果という面もあります。血糖値を安定させることで気持ちが落ち着き、正しい判断ができるので、食べすぎなどを未然に防いでくれます」

満足感を得るために、コーヒーに砂糖を入れたり、チョコを少し食べるくらいの糖分はOKとか。
POINT2:甘いものをヘルスナに変えて、栄養補給を!
今までおやつに甘いものを食べていた人は、ハードルが高くないものから始めることが成功の秘訣。

「まずは、アーモンドチョコやドライフルーツなど、取り入れやすいものから試してみましょう。慣れてきたら徐々に太る原因となるお菓子をやめ、ヘルシーなおやつへと移行できれば理想的です」不足しがちな栄養素を補給することもヘルスナの目的のひとつ。「特に女性に不足しがちな、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄などの、食事で十分に摂れない分をチャージするよう心がけて」
POINT3:一日の摂取カロリーを三食&ヘルスナに分割。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.