ビューティ情報『涙でにじむ〜!「花粉症」で気をつけたほうがいいアイメイク3つ ちょこっと美容マメ知識 #37』

2019年2月5日 19:30

涙でにじむ〜!「花粉症」で気をつけたほうがいいアイメイク3つ ちょこっと美容マメ知識 #37

美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第37回目は、花粉症の時期に注意したほうが良いアイメイクの知識を、コスメコンシェルジュの視点からお届けします。

涙でパンダ目になっちゃうのは、勘弁……。

目次

・涙でパンダ目になっちゃうのは、勘弁……。
・注意1. 古いアイメイク用品はNG!
・注意2. すぐに滲むアイライナーはNG!
・注意3. まつ毛の汚れ残しはNG!
涙でにじむ〜!「花粉症」で気をつけたほうがいいアイメイク3つ ちょこっと美容マメ知識 #37


【ちょこっと美容マメ知識】vol. 37

寒い冬を越えて、そろそろ暖かい季節の予感。本当は嬉しいはずの気候も、春風とともにやってくる「花粉」に悩まされる女性も多いのではないでしょうか。そんな私も、花粉症のひとりです。この季節がくるたびに、メイクやスキンケアを工夫して乗り切っています。

そこで今回は、花粉症の人が意識したいアイメイクのコツや注意点をご紹介します。

注意1. 古いアイメイク用品はNG!

涙でにじむ〜!「花粉症」で気をつけたほうがいいアイメイク3つ ちょこっと美容マメ知識 #37


化粧品は、お肌に直接つけて使うものなので、安全性がしっかり考慮されて作られています。その中でも、最も安全性が求められるのが「アイメイク用品」。以下のように、目の「粘膜」に近くなるほど、安全性もシビアになります。
安全性の厳しい順番
1. アイライナー
2. マスカラ
3. アイシャドウ
4. アイブロウ

アイライナーで注意したいのが、筆やブラシにほこりがつきやすく雑菌が繁殖しやすいこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.