ビューティ情報『花粉で?頬カッサカサ…いまの時期に取り入れたい保湿成分の選び方 ちょこっと美容マメ知識 #38』

2019年2月6日 20:00

花粉で?頬カッサカサ…いまの時期に取り入れたい保湿成分の選び方 ちょこっと美容マメ知識 #38

かくいう私自身、もともとクレンジングの時間がとても嫌いでした。なぜなら、メイク汚れを落とすだけの工程だと思っていたからです。

しかし、メイクを落としたり汚れを落としたりする役割に加えて、保湿を期待するようになってから考え方が変わりました。特にオススメの配合成分は、水分を外に逃さないホホバ油、スクワランや、水分を挟み込むイメージでキープしてくれるセラミド、レシチン配合のクレンジングです。

メイクの汚れを落としながら、こっそり保湿も担ってくれる。これが、配合成分を知っているか知らないかの違いなのです。

Point☆ちょこっと美容マメ知識

洗い流す作業を “保湿の時間” に変えよう!

注意2. 泡立ち重視だけの洗顔はNG!

花粉で?頬カッサカサ…いまの時期に取り入れたい保湿成分の選び方 ちょこっと美容マメ知識 #38


洗顔に関していえば、泡がきめ細かく泡立ちが良いほど保湿力が高いのでは? と思い込んでいる人もいるかもしれません。ですが、実はNOです。確かに、真っ白な泡がモコモコとなっていると、お肌にふんわり乗せた時に優しく包んでくれそうですよね。

しかし、泡立ちを良くするために「発泡剤」が多く含まれていたり、強い洗浄成分が多く含まれていたりするかもしれません。つまり、「泡立ち=保湿」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.