ビューティ情報『20~30代も要注意! “骨密度が低い”としわ、たるみが増える!?』

2019年2月24日 18:00

20~30代も要注意! “骨密度が低い”としわ、たるみが増える!?

実は、20~30代でも危機的状況!?キレイでいたいなら、骨密度を上げよう。
骨の強さを示す指標、骨密度。最近は骨密度が低い女性が増加中。でも実はそれが、いろいろ良くないことを招くそうで…。
骨密度が低い人の肌はハリがなく、しわとたるみが多い…。
20~30代も要注意! “骨密度が低い”としわ、たるみが増える!?


骨の材料となるカルシウムなどのミネラルがたっぷり詰まった骨ほど、“骨密度が高い”といわれます。

「一般的に、年をとると目がくぼみ、頬がこけ、さらに肌がたるんでくるものですが、これは骨密度が低下して骨が縮むことと関連。栄養不足で骨と筋肉が痩せ細り、顔の皮膚の下に隙間ができてしまうのです」

と言うのは、骨研究の権威である、医師の林泰史先生。骨密度の低下が一番最初に表れるのが、腰だそう。年をとると骨が痩せる…という印象がありますが、若い女子の間でも、栄養不足で腰と同様のことが顔にも起こるとか!怖すぎる…。

「つまり、骨密度が高い健康的な骨にすれば、顔の老化は防げます。アンチエイジングには、高級な化粧品も効果がありますが、骨も同じくらい重要。みなさんも、骨の健康をぜひとも意識してみてください」

【目のくぼみ&小じわ】
顔の骨が縮小することで、眼球が収まるくぼみが広がり、目じりの小じわや目の下のたるみが発生。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.