ビューティ情報『日焼け止め、塗っても焼けるのはスキマのせい? 皮膚科医に聞く「スキマリスク」』

2019年4月21日 19:20

日焼け止め、塗っても焼けるのはスキマのせい? 皮膚科医に聞く「スキマリスク」

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第57回目は「日焼け止め」について。一年中、紫外線対策をしているananweb読者は多いと思いますが、密かに思っていませんか、「なんで日焼け止めを塗っているのに焼けるの!?(泣)」って。多くの女性を悩ませる「塗っても、焼ける」という事実。では「なぜ焼けるのか」、「焼けないための正しい対策」をビオレのアウタースキン研究所に教えていただきました! 皮膚科医・慶田明子先生による「日焼け止めの正しい量と使い方」も必見です!

女性の8割以上が日焼け止めを「塗っても焼けた」経験あり。

目次

・女性の8割以上が日焼け止めを「塗っても焼けた」経験あり。
・その理由は「塗る量」と「塗りムラ」、「塗ってもスキマ」ができるから。
・皮膚科医・慶田明子先生による「日焼け止めの正しい量と使い方」
・体はらせん塗りして、スキマ防ぐ
・「ビオレ UV」の新2種は、花王の新知見&独自製法でミクロレベルの日焼け止めスキマを埋める!
・若干23歳!厳しい日差しのなかにいるから、今から将来のために日焼け止めは欠かせない。

日焼け止め、塗っても焼けるのはスキマのせい? 皮膚科医に聞く「スキマリスク」


【tamaebeauty】vol. 57

ビオレのアウタースキン研究所が、日焼け止めを使用している20代~50代の女性1,545人を対象にアンケート調査を実施。「しっかりと日焼け止めを塗ったはずなのに、日焼けしてしまった経験はありますか?」という質問に、85%が「ある」と回答、さらにそのなかで5人に1人は「なぜ焼けてしまうか原因がわからない」と回答しました。

その理由は「塗る量」と「塗りムラ」、「塗ってもスキマ」ができるから。

日焼け止め、塗っても焼けるのはスキマのせい? 皮膚科医に聞く「スキマリスク」


では、なぜ日焼け止めをしっかり塗っているのに日焼けしてしまうのでしょうか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.