ビューティ情報『【夏の対策】汗をかいたあと肌がぶつぶつに…専門家「水で流して」』

2019年4月21日 18:00

【夏の対策】汗をかいたあと肌がぶつぶつに…専門家「水で流して」

夏の肌トラブルQ&A。ここでは“敏感ゆらぎ肌”に関するお悩みをプロが解決。即・実践できるテクニックなのでスキンケアタイムや外出時に取り入れよう!

ゆらぎ肌というと春先に多いイメージだけど、夏の肌も意外とデリケート気味。

目次

・Q. 夏にマストな角質ケア。刺激の少ないやり方は?
・Q. 敏感肌でも美白、エイジングケアできますか?
・Q. 汗をかいたあと放置すると、ブツブツが…。でも洗顔しすぎると肌が乾いてしまう。対処法はありますか?


「特に初夏は、春のアレルギーや新生活のストレスがどっと噴き出し、肌荒れに悩む人が多くなります。また、夏が本番になって汗をたくさんかくようになると、汗や、汗と一緒に出る自分の皮脂にかぶれてしまうケースもあるんです」(ウォブ クリニック 中目黒総院長・高瀬聡子先生)

「夏が近づくと夜更かしをしたり、イベントやお祭りで脂っこいもの、酸化したものを食べすぎたりして、生活が乱れがち。吹き出物が出たり、肌が荒れたりする原因になります。まずは生活習慣と食事を見直して、体の内側からケアを」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)

Q. 夏にマストな角質ケア。刺激の少ないやり方は?

A. 角質をゆるめるコスメを使って肌をこすらない。
「こすって落とすタイプではなく、角質をゆるめる成分が入ったコスメを。その時も、肌を強くこすらないことが重要です」(鵜飼さん)

「古い角質が溜まると毛穴が詰まったり肌が乾いたりするので角質ケア自体は大切ですが、20代なら週1回で十分。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.