ビューティ情報『美人医師に聞いた! 35歳以上は必須の“インナーケア”って何?』

2019年4月21日 18:30

美人医師に聞いた! 35歳以上は必須の“インナーケア”って何?

美の達人たちも自ら実践!ビューティ医療最前線に注目します。
美人医師に聞いた! 35歳以上は必須の“インナーケア”って何?


まるでモデルのような長身に、スラリとした体型が目を引く、松倉クリニック代官山院長・貴子先生。その美しさは、業界内でも評判だ。そこで、美の秘訣について聞いてみると、“栄養”というキーワードが浮上。

「実は、母の美や健康に対する意識が高くて、小学生の頃から毎朝、手作りのケールジュースやプロテインを飲まされていました。当時はそれが当たり前だと思っていたのですが、修学旅行に行ったときに“この習慣は一般的ではない”ということに気づいて(笑)。ただ、風邪もほとんどひかず、肌荒れに悩むことも少なかったので、今では母には感謝しています」

そんな貴子先生が重視しているのが、インナーケア。

「今の時代、多くの人が栄養不足。忙しい日々による疲れやストレスで、ビタミンCは消費されますし、お酒を飲めば体内のビタミンB群も減少。さらに、生理のある女性のほとんどが鉄分不足。バランスのとれた食事を心掛けつつ、足りない栄養を補給することは必須です」

とはいえやみくもにサプリメントを摂ればいいわけではない。

「すでに摂っている栄養素で足りているとしたら、逆効果になる場合もあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.