ビューティ情報『ウエストとヒップ、理想の高低差は? “美尻”の3つの条件』

2019年4月29日 20:30

ウエストとヒップ、理想の高低差は? “美尻”の3つの条件

「ヒップは、女性らしい体型の決め手となるパーツ。ウエストと高低差があって、ほどよいボリュームと丸みがあるお尻はボディラインにメリハリをもたらし、体全体を美しく見せてくれます」と、パーソナルトレーナーの岡部友さん。

理想の美尻を手に入れるためには、

「ただ痩せればいいわけではありません。適度な脂肪は美しいラインに不可欠。また、筋トレで“引き締める”という考え方からも脱却を。的確な筋トレでお尻に筋肉を付け、ボリュームを出すとともにトップを引き上げることで、立体的で美しいヒップをつくります。お尻の位置が高くなると、脚が長く見えるというメリットも!」。

岡部さん流の美尻の定義&美尻のつくり方を教えていただきました。

ウエストとヒップ、理想の高低差は? “美尻”の3つの条件


美尻の定義(1)ウエストとの高低差がある。
ウエストよりヒップに幅と高さがあるとくびれが生まれ、美しいバックスタイルに。「ヒップとウエスト比の理想の数値1対0.65~0.7を参考にしつつ、見た目のバランスを一番大切に」(岡部さん)

美尻の定義(2)お尻のトップが高い位置にある。
プリッと丸みのあるお尻は、「トップ、つまり最も厚い部分が中心より高いところにあって初めて実現します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.