ビューティ情報『老化を加速させる「3大原因」とは? 夏のケアを医師が解説!』

2019年5月30日 19:30

老化を加速させる「3大原因」とは? 夏のケアを医師が解説!

「夏の体内美容」について、松倉クリニック代官山院長・貴子先生と、まいこ ホリスティック スキン クリニック院長・山崎まいこ先生にお話を伺いました。今回は「肌トラブルが多い」「生活習慣が乱れがち」「疲れやすい」という必見の「酸化」「糖化」「炎症」を阻止すべしというお話です。

老化原因の親玉、酸化をマークせよ。

美容や健康のプロたちが、アンチエイジングのキーワードと掲げるのが“酸化”“糖化”“炎症”の3つ。老化を加速させる憎き現象だ。本来、人間は酸化に対して抗酸化酵素などの防御システムを持っているし、炎症はカラダを守る正しい反応。ただ過剰なストレスや食生活の影響で、酸化や炎症のレベルは必要以上に上昇している。また、糖分の摂りすぎでカラダを焦げさせる糖化のレベルも高くなりがち。とりわけ、夏は日焼けや暑さのストレスなど、酸化を引き起こす要因も増えるので要注意。「糖化は食事が主な原因なので、糖質の摂取を抑えればある程度コントロール可能です」(貴子先生)

目次

・老化原因の親玉、酸化をマークせよ。
・酸化を抑えれば、糖化、炎症も起こりにくい!
・酸化予防(1)効果的な抗酸化アイテムを日々摂取。
・酸化予防(2)細胞を活性化させ、酸化に負けない仕様にする。
・酸化予防(3)睡眠の質を上げ、細胞をしっかり修復。


悪の3大原因の中で、とにかく注意すべきは酸化だと山崎先生。「酸化は加齢でも起こりますが、不調の温床となる過剰な活性酸素はできるだけ増やさないようにしたいもの。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.