ビューティ情報『「腸」は年中無休だから! 知っておきたい“消化の流れ”』

2019年7月17日 21:00

「腸」は年中無休だから! 知っておきたい“消化の流れ”

24時間365日、休むことなく腸で行われている消化活動。食べ物の消化・吸収の流れを知れば自分の腸が愛おしくなるかも!?教えてくれたのは、顕微鏡解剖学、健康科学を専門とする島田達生先生です。

胃から食べ物がやってきた!十二指腸で、消化・吸収の準備。
「腸」は年中無休だから! 知っておきたい“消化の流れ”


胃液で殺菌され、柔らかくなった食べ物が到着。ここでは消化を進めるために、膵臓と胆のうから届いた膵液と胆汁を吹きかける。膵液は強い消化酵素を含み、タンパク質と炭水化物を分解。胆汁は、脂肪を水分と混ざりやすくさせる役割。

長い長い小腸では、腸液をかけて食べ物の栄養に分解。
長~い小腸を通るあいだに、腸壁からジワジワ染み出した腸液を食べ物にかけて、消化の仕上げが行われる。肉も魚もパンもバターも、ここまでくるとアミノ酸やブドウ糖、脂肪酸などに細かく分解、カラダが吸収しやすい栄養素の形に。

絨毛、500万本の出番!吸収した栄養は、血液に乗って全身に。
ご馳走を待っていた約500万本もの絨毛が、分解された食べ物から栄養素の吸収をスタート!絨毛を通る毛細血管とリンパ管が栄養素をたっぷり吸収し、ほかの臓器へどんどん出荷。ここで残った食べカスは、便の材料として大腸へGO。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.