ビューティ情報『痩せにくい&便秘…夏こそ注意したい「腸冷え」 その対策とは?』

2019年7月22日 21:00

痩せにくい&便秘…夏こそ注意したい「腸冷え」 その対策とは?

暑さで自覚が少ないぶん、夏の冷えは意外と厄介。知らないうちに「腸冷え」が進行して不調の原因になっているかも…。暑くても実践できる“冷やさない”腸温活で、無理なく冷えを予防&改善。夏バテと無縁の元気な腸を手に入れよう。

目次

・“腸冷え”になる3大要因
・“腸温活”をはじめよう!
痩せにくい&便秘…夏こそ注意したい「腸冷え」 その対策とは?


薄着や冷房、冷たい食べ物…。実は夏は、冬と同じくらい腸が冷えやすい季節。さらに、ここ数年は35°C以上の猛暑日が増えたため、より腸に負担がかかっていると、松生クリニック院長・松生恒夫先生は指摘する。

「外と室内の温度差が10°Cを超えると、急激な寒暖差で腸冷えが起こりやすいのです。冷えによって交感神経が優位になり、腸の血流が減って活動が停滞し、便秘や免疫力低下にもつながります」

夏の腸冷え対策は、暑さに対応しながら行うことが大切。エアコンを我慢して熱中症になっては本末転倒だし、冷たい食べ物や飲み物をすべて断つのもむずかしい。

「夏は腸を“冷やしすぎない”ことを意識しましょう。エアコンの風に直接当たらない、飲み物は常温で飲む。そうした小さな工夫を重ねることで冷えは防げます」

冷やさないことと同時に心がけたいのが、腸を動かすこと。朝食を欠かさない、日頃から歩くようにするなど、生活習慣も見直そう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.