ビューティ情報『野菜ではなく、ご飯から食べる!?  “腸がよろこぶ”生活習慣』

2019年7月23日 19:30

野菜ではなく、ご飯から食べる!?  “腸がよろこぶ”生活習慣

生活習慣からおなかを改善!腸がよろこぶ一日の過ごし方を総合医療医の瓜田純久先生に聞きました。

目次

・朝
・昼
・夜
野菜ではなく、ご飯から食べる!?  “腸がよろこぶ”生活習慣


腸の働きは、毎日の食事や運動、体内リズムを司る自律神経など、生活習慣に大きく左右される。

「食習慣は、何を食べるかも大事ですが、実は量を食べることが重要です」と瓜田純久先生は言う。

「お米を食べず食物繊維ばかり食べるのが、今の若い女性の食事の特徴といえます。でも、便の材料となる食事の量が少ないと腸の働きは低下。また、食べる順番も大事。便秘のときは、最初に消化のいいお米を食べて、野菜は最後。野菜には消化の悪いものもあるため、先に食べると後から口にするタンパク質などの消化に時間がかかり悪玉菌が増加する場合も」

また、便にほどよい水分を含ませるための水分摂取も意識。腸の働きやリズムにメリハリをつけるために間食も避けたいところ。

加えて、運動も重要な条件。

「息が切れるくらいの運動をすると脳からストレス物質が出て、腸の働きがいったん停止。そして運動後は逆に活発に動きだすので、いい刺激に。さらに、腸の動きを支配する自律神経も見逃せません。腸を活発にするのは副交感神経が優位のとき。このバランスがとれていることがマストです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.