ビューティ情報『鰻よりカレーが良い? アーユルヴェーダ流“夏バテ”対策とは』

2019年8月23日 20:30

鰻よりカレーが良い? アーユルヴェーダ流“夏バテ”対策とは

インドの生命科学・アーユルヴェーダを応用すると、夏バテ対策にも大活躍!日本の環境や生活習慣、そして現代医学も反映させた、簡単で効果的な実践法を提案します!

溜まった熱を排出&鎮静。

古代インド発祥の生命科学「アーユルヴェーダ」に、近年必要性が高まる予防医学の専門家が大注目。アーユルヴェーダが提唱する食事療法や生活処方箋の効果が見直され、現代の解釈を加えた実践的な“養生”が発信されている。

目次

・溜まった熱を排出&鎮静。
・エネルギーをしっかり蓄える。


「今の自分の心身の状態を知るのに役立つのが、アーユルヴェーダ独自の生体エネルギー観です」(医学博士・上馬塲和夫先生)

私たちのカラダと心を動かすエネルギー(ドーシャ)は、風のエネルギー(ヴァータ)、火のエネルギー(ピッタ)、水のエネルギー(カパ)の3つに大きく分けられる。

「3つの生体エネルギーは関わり合いながら、個人の体質、環境、生活習慣などの影響で、常にバランスが変化しています。変化によるアンバランスをそのままにしておくと、不調が現れるのです」

夏に過剰になるのが火のエネルギー。火には熱性、鋭さ、軽さなどの性質があり、変換のエネルギーとして代謝をコントロールする。火が過剰になると内臓の機能が乱れ、体内や皮膚に炎症が起きやすくなる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.