ビューティ情報『現代人に3食は過多!? 臭わない汗をかくための3つの心得』

2019年8月22日 21:00

現代人に3食は過多!? 臭わない汗をかくための3つの心得

単に汗をかくのではなく、それが“いい汗”でないと意味がない。では、いい汗とは? また、なぜいい汗をかくことが大切で、どうしたらかけるようになるのか。

いい汗って実はキレイ。においもベタベタもナシ。
汗の基本的な機能は、体が火照った時にそれを冷やそうとすることなので、いい汗の最たる条件も自ずと“必要な時にかく”ということになる。そのほか汗の“質”にも注目を。

「いい汗には、細菌を繁殖させる原因となる余分な成分が含まれていないので、サラサラしていて、においもほとんどナシ。その場はもちろん、乾いたあとからにおいを発することもないので、あまり汗クサさを気にしなくていいんです」(内科医・石原新菜先生)

質に加えて、“量”も判断材料に。

「必要な時に汗が出ないのは問題ですが、かきすぎるのもよくありません。体内に余分な水分が溜まっている表れで、漢方では水毒といいます。それにより体が冷え、代謝が低下し、悪い汗に…という悪循環です」

いい汗には、体が喜ぶメリットがいっぱい!
汗の役割は体にこもった熱を放出することだけれど、それと同時に、いい汗をかくと、体にはさまざまなメリットがもたらされる。

「その一つがデトックス効果。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.