ビューティ情報『炭酸好き、マヨネーズ好きは要注意!? 「酸蝕歯」トラブルとは』

2019年10月9日 21:00

炭酸好き、マヨネーズ好きは要注意!? 「酸蝕歯」トラブルとは

日々の体調管理を底上げしてくれる、いま知っておくべき最旬の健康キーワード。巷に溢れるニュースから、女子にぜひとも伝えたい編集部が気になる「カラダにいい話」。その中から今回は、注意したい「酸蝕歯」について。

あらゆる人に潜む、酸蝕歯の可能性。

炭酸好き、マヨネーズ好きは要注意!? 「酸蝕歯」トラブルとは


カラダにいいからとお酢や柑橘類を好んで取り入れている人に注意報の発令です。それは “酸蝕歯”といわれる歯のトラブル。歯が酸に蝕まれ溶けてすり減ってしまう症状です。一度溶けると基本的に歯が復活することはありません。海外では30年ほど前から問題にされてきましたが、口腔ケア後進国の日本では20代、30代で4人に1人が酸蝕歯予備軍という国内のデータも。

「歯は神経を象牙質、エナメル質の層が覆う形でできていますが、表面のとても硬いエナメル質でも、ジュース程度の酸で溶けてしまうんです。象牙質まで溶けると神経に響くので気がつきますが、エナメル質段階だと自覚症状がありません。歯の先端が少し透けたり、薄く白濁してきていたら要注意。その段階で食い止めるケアが必要です」(外務省大臣官房歯科診療所 歯学博士・北迫勇一さん)

酸性飲食物の過剰摂取を控え、酸を口にずっと残さないのが基本。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.