ビューティ情報『【ananモテコスメ大賞】“シェーディング”、入れるべき正しい場所とは?』

2020年3月1日 18:30

【ananモテコスメ大賞】“シェーディング”、入れるべき正しい場所とは?

肌に透明感やツヤを宿したり、影を潜ませホリを深く見せたり、すっきりシャープにしたり。肌作りのアクセントとしてもはや欠かせない、肌に自然に溶け込むような繊細な質感のハイライト、シェーディングをピックアップ。

「2020年春のananモテコスメ大賞」を受賞した“ハイライト”と“シェーディング”をご紹介!さらには“格上げ肌”を作るために覚えておきたい、すっきり大人顔になるシェーディングのコツをヘア&メイクアップアーティスト・AYAさんが教えてくれました。

【ananモテコスメ大賞】“シェーディング”、入れるべき正しい場所とは?


1、シュッとシャープ!横顔まで美人 賞
ヴィセ アヴァン「パーフェクトフィニッシュ シェード」
ひと塗りで自然な陰影をクリエイト。
肌なじみの良いテラコッタオレンジと陰影をつけるパールブラウンのセット。単色でも混ぜても、アレンジ自在。「ツヤ感もあるから暗くなりすぎず、自然にメリハリ感がアップ。肌もキレイに見える!」(トータルビューティプロデューサー・猪熊真理子さん)。「さっとひとはけで、ヘルシーなブロンズ肌に」(ヘア&メイクアップアーティスト・笹本恭平さん)。¥1,800*編集部調べ(コーセー)

2、ヘルシーな色っぽさをほんのりアピール 賞
SUQQU「シマー リクイド ハイライター 02」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.