ビューティ情報『水分は摂りすぎもNG! あなたは大丈夫? “水毒”チェック』

2020年3月20日 19:00

水分は摂りすぎもNG! あなたは大丈夫? “水毒”チェック

人間の体の半分以上を占める「水」によって、女性ホルモンも必要な器官へと運ばれます。東洋医学でいう“水毒”とは、体内の水分が停滞している状態。まずは、あなたの状態をチェックして、今すぐできる対処法&簡単ケアをやってみて。水が動けば、女性ホルモンも体の隅々まで行き渡るはず!

女性ホルモンの働きを良くするには、体を巡る水分にも着目することが大切なのだという。

「女性ホルモンは、血液にのってバストや子宮など必要な部位に届きますが、水分の巡りが滞ると血流も悪くなるため、女性ホルモンが十分に巡らなくなってしまうんです。こんなふうに体の中の水分調節がうまくいかずに、体に不都合が出ている状態を、中医学では“水毒”といいます」(経絡整体師・朝井麗華さん)

人間の体はほとんど水でできていて、成人は60~65%が水分。

「自身に必要な水分量以上には保持できないのですが、許容を超えて摂りすぎていたり、逆に少なすぎても循環が停滞して水毒状態になります。水を司る腎臓の働きの低下や、体の冷えも水毒の一因です。また、熱を生む装置でもある筋肉が少ない女性は、溜まった水分をなかなか発散できないため、水毒になりやすいのです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.