ビューティ情報『必要以上に恐れないで! 「PMS」と上手に付き合う4つのヒント』

2020年3月22日 20:00

必要以上に恐れないで! 「PMS」と上手に付き合う4つのヒント

生理前になると起こる心とカラダの不調、月経前症候群(PMS)。私たち女性はPMSと、どうお付き合いしたら良いのでしょうか。いけした女性クリニック銀座院長・池下育子先生、東京女子医科大学の東洋医学研究所で所長を務める木村容子先生が答えてくれました。

必要以上に恐れず楽に受け止めて。
PMSに振り回されずなるべく快適に過ごすには、備えることが肝心、と池下先生。

「いつPMSがくるかわかっていないと、“なんだかイライラする、お腹が痛い”と思うだけ。でも“ムカつくな、お腹が痛いな、そういえばPMSの時期だ”と理解していれば、ある程度受け流すことができるようになります。また、周囲への理解を求めることも重要。PMSのイライラをぶつけて喧嘩になってしまうパートナーにも、“そろそろPMSだから不機嫌になるかもしれない、ごめんね”と予告しておけば、お互い衝突を避けるのが楽になるはずです」(池下先生)

木村先生は東洋医学の観点から、まず“養生”をプッシュ。

「東洋医学でいう“養生”とは、健康に過ごすために役立つ生活の工夫のこと。その基本は、食事、運動、睡眠、そして感情のコントロールです。第一に、規則正しい生活習慣を心がけ、ストレスのかかる人やモノを避けること。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.