ビューティ情報『突然できる「口内炎」 “野菜からの潤い補給”がカギ』

2020年4月15日 20:10

突然できる「口内炎」 “野菜からの潤い補給”がカギ

中医学や養生法に詳しい櫻井大典さんによる「Daily(デイリー)養生」。今回のテーマは「口内炎」です。
突然できる「口内炎」 “野菜からの潤い補給”がカギ


小さな炎症なのに、ひとつできると気になるのが口内炎。食べたり話したりするときに痛んで、憂鬱な気持ちになります。でも、これも体からの大事なサイン。発生するパターンによって原因が違いますので、それぞれに合った養生法を知っておきましょう。

まず、突然現れて激しく痛み、見た目も真っ赤に腫れているような急性の口内炎は、「熱」が溜まって起きていると考えられます。熱が過剰な状態を「実熱(じつねつ)」といいますが、実熱をもたらすのは主に、辛いものや脂っこいもの、お酒、味の濃いものの摂りすぎ。それらが熱に代わり、炎症となって表に出てくるのです。この場合は原因となる食べ物を控えるのが先決。補うというよりも、不要なものをこれ以上体に入れないことが養生になります。

潤いを補給して、体内の熱をコントロール。
それに対し、白っぽい炎症ができてなかなか治らない、地味に鈍痛が続く、治ってもまたすぐできる…といった慢性の口内炎は、急性とは少し違って、「虚熱(きょねつ)」が原因。虚熱とは、体内の潤いを指す「陰」が足りなくなり、熱が暴走している状態のこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.