ビューティ情報『汗をかきすぎるのはNG? 中医学的“便秘”対策とは』

2020年4月27日 20:30

汗をかきすぎるのはNG? 中医学的“便秘”対策とは

中医学や養生法に詳しい櫻井大典さんによる「Daily(デイリー)養生」。今回のテーマは「便秘」です。
汗をかきすぎるのはNG? 中医学的“便秘”対策とは


慢性的な口内炎は主に、体の潤いを表す「陰(いん)」と「血(けつ)」の不足、陰虚と血虚によって起こりますが、この2つはほかにもさまざまなトラブルをもたらします。多くの女性を悩ませる便秘もそのひとつ。日頃から口内炎ができやすく肌も乾燥気味、お通じはコロコロの硬い便が時々出るだけ、というならこの陰不足と血不足による便秘である可能性が大です。思い当たる場合は、食事の見直しを。陰を補ってくれる、水分を多く含んだ白い食べ物と、血を補う黒や赤い食べ物をしっかり摂るようにします。補陰には白菜や大根、ご飯、百合根など。水そのものではなく、こうした食材で“潤い”を増やすことがポイントです。補血には黒ごまやプルーン、黒豆などがおすすめ。また、潤いを消耗する辛いものや味の濃いもの、お酒は控えましょう。サウナやホットヨガで汗をかきすぎるのもおすすめできません。増やすものと控えるべきものをきちんと意識してケアすることで、少しずつ改善していくはずです。

これも便秘になりやすい、エネルギー不足&停滞型。
便秘の原因はほかにもいくつかあり、陰血不足に次いで多いのが、体を動かすエネルギーである「気」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.