ビューティ情報『“背中握手”で肩こりも解消! 脳にも働きかける“柔軟王子”のストレッチ』

2020年5月10日 18:30

“背中握手”で肩こりも解消! 脳にも働きかける“柔軟王子”のストレッチ

背中で手と手をつなぐ、“背中握手”。まったく届かない人もいれば、どちらかだけできないという左右差がある人も、肩や腋の下、背中の筋膜をほぐすと左右差なくつなげるように。“柔軟王子”の愛称で知られる柔軟美トレーナー・村山巧さん直伝、『筋膜アプローチ』と『脳科学アプローチ』を組み合わせた『トップギアストレッチ』で、“背中握手”ができるやわらかいカラダを目指しましょう!

目次

・筋膜アプローチ(左右各30秒以上)
・脳科学アプローチ(左右各3回以上)
・背中握手ができるとカラダにこんなメリットが!
“背中握手”で肩こりも解消! 脳にも働きかける“柔軟王子”のストレッチ


デスクワークで肩が凝り固まっている人には難しい背中握手。肩をほぐすプロセスが多いけど、実は一番のポイントは腋の下。ここがカタいと腕が上がらず、手をうしろに回せないので、意識してストレッチしよう。

ここにアプローチ…肩、二の腕裏、腋の下、体側

筋膜アプローチ(左右各30秒以上)

肩のうしろ
背中握手で下から回す腕の動きをしなやかに。

“背中握手”で肩こりも解消! 脳にも働きかける“柔軟王子”のストレッチ


右手で左肩のうしろをイタ気持ちいいくらい強めにつかみ、その手をできるだけ固定させたまま左腕を前後に動かす。これにより背中握手の時に、腕を下から回しやすくなる。

二の腕裏
ローラーの上で腕を回転させてストレッチ。

“背中握手”で肩こりも解消! 脳にも働きかける“柔軟王子”のストレッチ


これも背中握手で下から回す腕をやわらげるアプローチ。仰向けになり、ローラーの上に左の二の腕裏を乗せたら、腋からねじるように上、下と二の腕を回転させる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.