ビューティ情報『Matt「自分の内面に合っていないと居心地が悪い」 “香水”に対する考え方』

2020年8月22日 20:00

Matt「自分の内面に合っていないと居心地が悪い」 “香水”に対する考え方

Matt×好感度高めなユニセックスフレグランス。‘20年秋のananモテコスメ大賞にMattさんが3つのユニセックスフレグランスを選びました。

性別に囚われず好きな香りを楽しみたい。

目次

・気軽につけられるデイリーフレグランス賞
・大人なムードが漂うディープノート賞
・スパイシーで爽やかな上級スイートネス賞


Matt「自分の内面に合っていないと居心地が悪い」 “香水”に対する考え方


中学時代から様々な香水を試してきたMattさんにとって、香りは自身を表現するアイテム。

「昔は流行に乗って男っぽい香りをつけたこともありますが、自分の内面に合っていないと居心地が悪いと気づいて。逆に好きな香水を纏うと自信が湧くし、やる気も出る。香りには人間本来の力を引き出す効果があると思います」

現在はバニラ系の香水を愛用しているといい、香りを選ぶ際は特に性別を意識していないそう。

「試した香りに限らず、どの香水もユニセックスと考えていいと思う。父も僕が贈ったシャネルのチャンスを使っていますし、香りってセクシュアリティを問わないアイテム。みんな同じ人間なんだし、常識に縛られずに好きなものをチョイスしたらいいと思うな」

気軽につけられるデイリーフレグランス賞

ロータスや白ユリなど、白い花の上で輝く水滴をイメージしたみずみずしい香り。スポンジヘッドを使用したチューブ型の形状もユニーク。「誰からも好かれるナチュラルな香りで、これをつけている人がいたら素敵だなって感じると思う。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.