ビューティ情報『顔、大きく見えてるかも… 美容家に聞いた「老けて見られるマスク」の特徴3つ』

2020年10月12日 20:15

顔、大きく見えてるかも… 美容家に聞いた「老けて見られるマスク」の特徴3つ

マスクのせいで、実際の年齢よりも老けて見えるのは避けたいところ。けれど、マスクの付け方や選び方ひとつで、老け見えを招くこともあるようです。そこで今回は時短美容家の並木まきが、男性たちの意見をもとに「老け見えしやすいNGマスク」の特徴をお話します。

文・並木まき

1:マスクのせいで顔が大きく見える

目次

・1:マスクのせいで顔が大きく見える
・2:マスクを外したときのギャップが大きい
・3:目元がはれぼったく見える
顔、大きく見えてるかも… 美容家に聞いた「老けて見られるマスク」の特徴3つ


「マスクをしていないときはそんなふうに思わなかったのに、この前ちょっと気になっていた女性に久しぶりに会ったら、“あれ? こんなに顔が大きかったっけ?”と思うことがありました(笑)。

マスクが小さすぎるせいで、そう見えるだけですかね? もしそうだとしたら、すごく損していると思うなぁ……」(33歳男性/小売)

着用しているマスクのサイズ感によって、顔の大きさの印象も左右されるようです。

また、小さめのマスクのほうが使いやすいと思うかもしれませんが、顔の大きさに対してマスクのサイズが小さすぎると、逆に顔を大きく見せる可能性があるので気を付けたいですね。

2:マスクを外したときのギャップが大きい

「マスクをしているときと外したときのギャップが大きすぎると、驚きますね。本当はかわいいのに、“どうせマスクをしているからいいや”と、マスクで隠れる部分のメイクが明らかに雑だと、男性から見てもわかります……。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.