ビューティ情報『今の睡眠に満足してる?…医師に聞いた「質の良い睡眠」を取る方法』

2020年10月23日 19:50

今の睡眠に満足してる?…医師に聞いた「質の良い睡眠」を取る方法

コロナ禍によって生活ががらりと変わりました。そんななか、ますます大切にしたいのが睡眠。単純に長く眠るのではなく、「質の良い睡眠」を取ることが必要です。そこで、睡眠専門医の白濱龍太郎先生に取材してきました。さらに、『ロフト』イチオシの快眠グッズなどもご紹介します。大変な生活が続く今だからこそ、睡眠を見直してみてはいかがでしょうか?

知らず知らずのうちに…?コロナ禍が睡眠に与える影響

目次

・知らず知らずのうちに…?コロナ禍が睡眠に与える影響
・寝だめや昼寝で睡眠不足を補おうとすると、どうなるの?
・質の良い睡眠を取るメリットと、そのための方法は?
・自宅で手軽に炭酸泉!質の良い睡眠をこころがけよう
・ロフトオススメの入浴剤・快眠グッズ4選!
・傘でサウナタイム!?収納も簡単なアイディアグッズ
・セルフで本格的なヘッドスパ!防水仕様のリフレッシュグッズ
・起床時のボサボサ髪を防ぐ!寝ながら簡単ヘアケアグッズ
・就寝用マスクで喉の乾燥対策!冬に向けて活用したい便利グッズ
・まずは自分でできることから!今だからこそ睡眠を見直してみませんか?
・Information
今の睡眠に満足してる?…医師に聞いた「質の良い睡眠」を取る方法


ーー今年は新型コロナウィルスの流行もあり、生活が一変しました。そうした環境の変化なども、睡眠に影響を与えるそうです。睡眠専門医の白濱先生に、詳しくお話をうかがいました。

家にいる時間が増え、パソコンやスマホを見る機会も多くなったのではないでしょうか。モニター等のブルーライトを長時間浴びると、夜間のメラトニン分泌が抑制されます。すると、知らず知らずのうちに夜更かしの癖がついてしまうのです。

夜更かしをすることで、平日に睡眠不足を重ね、週末に寝だめをする習慣になることも。これは「社会的ジェッドラグ(時差ぼけ)」と呼ばれ、注意力や集中力の低下を引き起こすことにもなります。

在宅ワークも社会的時差ぼけ状態の原因になることがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.