ビューティ情報『動物ギューッで幸せホルモンが! スキンシップが生む癒され効果を解説』

2016年4月25日 22:00

動物ギューッで幸せホルモンが! スキンシップが生む癒され効果を解説

ぬくもりやつながりを感じられれば、人間でなくても動物でもOK!

忙しい日々に追われて体の不調を見逃していませんか?日頃無意識に使っている五感を整えるとそんな体のサインに気づくようになるそうです。

しかも五感を整えることで気づくのは体の不調だけではありません。体のサインをキャッチできるようになると、自分や周囲への観察力が高まり、直観力がアップ。自分に必要なものの判断が適切になるのだとか。

精神保健福祉士・春日未歩子さんに五感の整え方を教えてもらいました。ご紹介するのは、五感の中の“触覚”です。ここを整えれば、穏やかな気持ちで、人との絆を感じられるようになるそうですが、ハグや握手の文化がない日本人は、欧米人に比べて人の体に触れる機会が少ないのが事実。

「人の肌に触れることで、オキシトシンが活性化されるという研究結果があります。オキシトシンは、別名“幸せホルモン”と呼ばれる脳内物質。活性化すると気持ちが穏やかになり、相手とのつながりに対する安心感が生まれるのです」。

スキンシップを通じて触覚を豊かに育むことは、安定したマインドを叶える手段のひとつ。マッサージなどで人に触れられると、体だけではなく心までじんわりと癒された気分になるのはそのため。

「相手は人間に限らず、動物でもOK

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.