ビューティ情報『コットンパックはNG!?  専門医に聞いた“やってはいけない”日焼け後ケア』

2016年5月26日 08:00

コットンパックはNG!?  専門医に聞いた“やってはいけない”日焼け後ケア

日焼け直後にケアをしても間違っていれば、肌が傷んでしまう原因に。

これからは屋外でのレジャーが目白押しになる季節。UVケアは十分にしたつもりでも「ぎゃー!焼けてる!」となったら、次は何をすればよいのでしょうか?

よくある「日焼けNGケア」について、西麻布ヒフ・形成外科院長の藤井佳苗先生に聞きました。

「日焼け後の表皮は、黒くなる色の変化だけでなくカサカサしたり硬くなった感じがするはず。これは、皮膚の水分量が少なくなり乾燥している証拠。肌のバリア機能も壊れかけている状態です」

とにかく急いでケアを、と急激に水分補給しようとして化粧水をパッティングしたり、肌のほてりが取れないのにコットンパックをするのは、炎症のある肌に刺激を与えてしまい、さらに肌を傷める原因に。日焼け後すぐに美白コスメを使うのも同じことです。

「日焼けの炎症がある間のスキンケアは、とにかく優しく丁寧に。焦ってぱぱっとやっても肌を傷めるだけで、丁寧にしてもかかる手間と時間はそんなに変わりません」

NG日焼けケアをまとめました。ぜひ、今後の参考にしてみて!

≪NGケア≫焼けたらすぐに美白コスメを使う。
日焼け後の炎症が起きている肌には美白成分は強すぎて刺激になってしまうことも多々。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.